エアコンからの漏水>テレビが故障>保険適用?。

「エアコン室内機より漏水ですが・・。その2」の続きです。

 

「おかげ様でエアコンからの水漏れは直った。

けど漏れた水がかかってテレビが壊れた。

お宅のところでテレビ買うから替えてもらえる?。」

「うちで買っていただくのは嬉しいですが

ぶっちゃけ家電量販店で買ったほうが安いです。」

「保険を使うつもりなんで費用はある程度かかっても良い。

ただ全損証明で一筆書いてもらわないとけないんだが

後で揉めるのを嫌がって量販店や普通の電気屋さんだと

受けてくれなくてさ。

あんたとこなら馴染みだし、あっちこっち頼むのも手間なんで

まとめて面倒みてもらえないかな?。」

「良くわかりませんがとりあえず伺います。」

火災保険に附帯又はオプションの家財保証に入っている場合、

このようなケースでも保険が降りることがあるそうです。

「御宅で購入と設置設定を頼んだ場合の見積もらえるかな。

それを元にウチの保険屋さんが申請してくれるから。」

「やってみます。」

既存と同じ位のグレードのテレビを選定して工事費と合わせて見積もりします。

1週間ほどして御客様より返答ありました。

「ゴメンゴメン。

保険金が思ったより少なくて。

保険に収まる安いテレビで我慢することになった。」

「それは残念でしたね。」

弊社も専門家では無いので詳しい解説はできませんが

保険の対象額というか評価額は年々下がっていくそうです。

なので買った時に50万円でも現在の相場と勘案していくと

現在の査定が10万円未満だったとか。

当時の最高級グレードだったテレビも使っているうちに

価値が下がっていく、ということらしいです。

 

弊社の手間賃もかかりますので保険で全て新品(最高級機)に

という作戦は失敗のようです。

「世話かけてすまないね。」

「いえいえ。」

御声掛けありがとうございました。

 

追記:

「その1」のエアコン水漏れ対応も今回「その2」の保険金対応も

有償で対応させていただいています。

 

今回のケースのような御依頼では

「本体点検とメーカー手配の手間賃」、

「保険書類作成その他経費」と

それぞれ費用をいただいています。

 

また、弊社での保険適用の可否の判断や手続きは一切いたしておりません。

お客様各位におかれましては御理解御了承のほどよろしくおねがいします。


「はらでん」 はこんな仕事をしています : その他の記事