階段の照明交換です。

昭和の木造建築に御住まいの方からの依頼です。

「階段昇り切った天井に電気がついてるけど

重たいガラスセードが

今にも落ちてきそうで怖い。

 

場所も2階廊下の端になるので電球交換の時にいつも転落しそうになる。

 

あと電気自体が暗いんで夜は昇り降りが不安。

何か対策ある?。」

「喜んで伺います。」

昔ながらの急で狭い階段の上に照明器具が点いています。

・・・確かに昇降も球替えも怖いですね。

重そうなガラスセード。

クリスタル調の凝ったデザインなので

当時はきっとイイ値段で買われたことでしょう。

 

照明の位置を廊下寄りへ移動できるか尋ねられましたが

なるべく階段寄りのほうが照明的には良いと御話し

球替えが無くなるのと合わせて納得していただけました。

替りのLEDシーリング照明は今までの照明器具と比べ

照度が倍の商品を選びました。

見積出して即受注。

準備できたので作業にかかります。

 

交換終了。

点灯!。

「明るいねえ。

これで球替えも楽になるかねえ。」

「・・・すいません。

LED一体型なので電球はありません。

点かなくなったら交換になります。」

「えっ。」

「その代わり寿命が長いです。

一般的な使用で10年くらい使える予定です。」

「それなら安心だね。」

商品選定の時にこの辺の説明はしてあるんですけどね。

 

最終的には喜んでいただけたので良かったです。

御依頼ありがとうございました。

 



「はらでん」 はこんな仕事をしています : その他の記事