一次側欠相でした。

「電気が点かない」との御依頼で調査に伺いました。

お客様(ご家族総出で)から

「こことここと、あとここも点かない。」

「俺の部屋は使えるから困らん。」

「こっちも使えなかったよ。」

「それよりお湯が出んのが困る。」

「奥の和室は大丈夫。」

などと状況を細かく説明していただけました。

これは元に問題ありですね。

分電盤を診させていただくと主幹ELBの

L2黒―N白は電圧が一応97V出てますが、

N白―L1赤は電圧が無い(正確には20Vそこそこ)、

200V出るはずのL1赤―L2黒も102Vしかありません。

サービスブレーカ(SB)一次側を検電すると

同じく赤Lは反応無く

黒L2は通電中。

 

メーター2次側の検電は

色が判りませんが

1線しか通電していない。

(ちなみにサービスブレーカとメーターは弊社立場上

分解しての直接測定できないのです。)

 

・・・これは一次側のどこかで欠相してますね。

つまり電柱>メーター>主幹ELBの一次側までのどこかで

赤L1線が断線している状態です。

簡単言ってしまえば家の電気の半分が切れてる状態。

 

メーターより上流が原因の場合、ほぼ中部電力パワーグリッドの

管轄です。

 

お客様に説明して早速中電Pの窓口へ電話。

対応を依頼しました。

 

弊社の調査対応はここで終了。

レスキュー完了です。

 

一時間ほどで中電が来るそうですが後はお任せして

現場を撤収しました。

(滞在時間が長くなると料金が加算されてしまい

申し訳ないからです。)

 

御依頼ありがとうございました。

 

 

 



「はらでん」 はこんな仕事をしています : その他の記事