ポール灯のLED化です。

得意先のアパートの大家さんからです。

「前見てもらった駐車場の外灯が球切れみたい。

電球替えてダメなら丸ごと交換しといて。」

「喜んで伺います。」

弊社の控えを見ると電球交換からまだ2年ほどしか経っていません。

???。

水銀灯の球切れにしては早すぎます。

 

早速伺って調査開始。

EEスイッチ=正常動作

安定器一次側入力=電圧あり

安定期二次側出力=電圧無し

・・・これだ。

当然ランプの電極=電圧無し

→ランプは点きません。

器具を交換しても良いと前振りされていましたので

早速帰ってプラン作成です。

灯具を丸ごと変えてもよかったのですが

費用が高額になるのとポール自体の寿命と耐久性に

不安があったので発光部分のみの交換を提案し、

受注しました。

(LEDが寿命を迎える10年後にはポールも交換せざるをえない

逆にそれまでは持つだろう、という目論みです。)

ビフォー

アフター

電球の形は従来の水銀ランプと全く同じですが

「LEDライトバルブ」という商品です。

光らせると光源の違いが良く判りますね。

安定器も「電源ユニット」へ交換。

無事点灯しました。

大家さんに完了報告の電話しましたが通じず。

いつものことなので請求書を送って終了になりました。

御依頼ありがとうございました。

 

 



「はらでん」 はこんな仕事をしています : その他の記事