41th_arigatou

事務所の床配線を整理しました。

とある事務所からの依頼です。

「事務所の床に電話やらLANやら延長コードやら

グチャグチャになってる。

何とかなる?。」

「・・・とりあえず伺います」

現地へ伺うと確かにグチャグチャ(失礼)です。

DSCN6787

壁のモデム関係から机の島へ行く配線が大変なことになってます。

「長年に渡って順々に増やしていったら

いつの間にかこんな状態に。

こんがらがって手が付けられない。

配線の要不要の判断まで含めて整理をお願いしたい。」

とのこと。

本社とのオンライン(?)回線などあるそうなので業務に

支障が無いように日にちや時間を合わせて工事です。

 

床から立ち上がっている配線もプレートが壊れて

LAN配線が切れかかっています。

DSCN6795

切れかかった配線を

DSCN7256

切って繋いで

DSCN7257

モールに納めます。

 

オンラインでサーバーとやりとりする仕組みらしいので

通信の確認しながらの作業なので結構な時間がかかりました。

一本一本確認しながら切り替えていくのです。

 

今は使っていないと思われるISDN?とか階間の呼び出しベル?とか

残置されていますが判らない物は整理だけに留めます。

(もし撤去して問題起きたら大変ですから)

すぐに手袋が真っ黒になるので何双も取り替えました。

 

ビフォー

 DSCN6785 DSCN6792 DSCN6788 

アフター

DSCN7242 DSCN7241 DSCN7244a

 

切り替え作業中に社員さんから「繋がらないぞー!」という声が

上がった時は正直焦りましたがなんとか収まりましたので良かったです。

 

「床が見える!」とお客様にも喜んでいただけました。

 

御依頼ありがとうございました。

 



「はらでん」 はこんな仕事をしています : その他の記事