39th_arigatou

住宅用火災警報器について

2006年6月1日、改正消防法の施行により、新築住宅の居室や階段上などに住宅用火災警報器の設置が義務付けられましたが、

当時販売された住宅用火災警報器の電池寿命が10年のタイプの商品は、あと一年で電池切れとなります。

ご家庭の商品をご確認いただき、大事な財産を守り火災予防に努めましょう。

※一般に販売されている住宅用火災警報器の電池寿命は、3年、5年、10年という種類があります。

②住警器(日本火災報知器工業会)-001②住警器(日本火災報知器工業会)-002

 

 

 

 



「はらでん」 はこんな仕事をしています : その他の記事