festa190720 s

電気の契約を小さくする工事です。

御客様の生活スタイルも時と共に変わっていきますね。

 

今回は契約を小さくする工事です。

 

こちらの御客様は新築当初は2世帯同居でIH調理器が入っていたりして

電気の容量が「回路契約13KVA」と一般家庭としては比較的大きな契約でした。

しかし、世代が変わり住む人も7人>4人となり「やっぱり煮炊きはガスコンロがいい」

とIH調理器を廃止したりなどの変化もあり、電気の使用量が目に見えて減ってきました。

 

そこで電気の契約を小さくして基本料を抑えることになりました。

 

ビフォー

DSCN3628

アフター

DSCN3938

隣に取付した中部電力のサービスブレーカ40Aが新しい契約ブレーカになります。

 

一般的な御宅でみかける

「このブレーカがとぶまでは使えます」

という形ですね。

これだけで月々の基本料が2500円ほど減りました。

回路契約では主幹のブレーカは大きめに設計されることが多いので

ブレーカが跳ばずについつい電気を使いすぎてしまいますが

これなら使いすぎるとブレーカが切れるのでわかりやすいです。

(使用料金もグンと減ったそうです)

 

御依頼ありがとうございました。

 



「はらでん」 はこんな仕事をしています : その他の記事