festa190518_s

アンテナ:応急処置で喜ばれました。

得意先の施設よりテレビの映りが悪いとのことで調査依頼がありました。

役所系の監視員詰所のような建物で休憩時も出入りが制限されている状況です。

(見方によっては一日缶詰状態・・・)

休憩時のテレビが映るか映らないかは職員の士気にかかわる重要事項だそうです。

 

順を追って原因を調べていきますとブースターが故障していることが判明しました。

(本来電波を増幅するはずのブースターが故障して電波を遮っている状態です)

正規の手順では役所の担当部署に報告して見積書を提出して発注書が

弊社に届いてから交換なので日にちがかかります。

 

その間ずーーっとテレビが映らないのは気の毒ですし申し訳ない。

そこで応急処置を考えました。

 

幸いアンテナからの出力はレベルも質も良好で端末も1ヶ所です。

ブースター無しでもそこそこ映る状態なのでバイパス(直結)して

とりあえず映るようにしました。(当然係員に了解とってからの処置です)

 

作業前

 CIMG6396sCIMG6612s

応急処置

  CIMG6401s

 帰社してからブースター交換の見積を作成提出しましたが

やはり書類が稟議通って発注書が届くまで1週間以上かかりました。

交換工事の日程合わせで更に数日かかったので完了するまで

10日以上かかりました。

 

作業に伺うと応急処置のおかげで交換工事までの間もテレビが観れて助かったと

大変喜んでいただけました。

 

 作業内容としてはミキサーを外してブースターの増幅部を取付し

共聴用ブースターの替りに電源部を取付しました。

 

 

 交換後

CIMG6628sCIMG6622s

アッテネータを調整して適正レベルにして最終的に映り具合を画面で確認。

 CIMG6635sCIMG6638s

完了です。

 

 御依頼ありがとうございました。

 

 

 

追記:

こちらの御客様は何度かお仕事いただいていて担当者同士が

ツーカーの関係です。

調査見積したのちは必ず工事の依頼をいただくことが判っていました。

よって融通を効かることができましたが本来の手順ではありません。


特に初めての御客様や見積依頼で工事の発注が不明な場合は

応急処置はできませんので予め御了承ください。

ちなみに応急処置費用も本工事の際にキチンといただいております)

 

最後まで御読みいただきありがとうございました。

 

 



「はらでん」 はこんな仕事をしています : その他の記事