festa190921s

野立て看板を撤去しました。その2

その1の続きです。

看板は鉄製の角柱で作ってあるので重さもかなりの物です。

とても一度には撤去できません。

下部で一度切断して上部を撤去します

KIMG0834

上部が撤去されました。

この後、基礎部分を掘り返して抜くのですがこれが大変。

 

倒れないようにするのと錆びにくいようにとで

角柱の周りにはコンクリが流し込んであります。

DSC_7439

 当然コンクリの分だけ重くなり抵抗も大きくなるのでサクッとは抜けません。

又、コンクリが周囲の設備、埋設配管などに絡んでいると抜く時に

破損する恐れがあるので周囲を慎重に掘りながら抜かないといけません。

水道配管など破損したら近隣に大変な迷惑かかる可能性あります。

 KIMG0833

やっと抜けました。

抜いた後の穴には砂を入れて埋め戻します。

回収した看板は解体して主に鉄くずとコンクリ殻に分別し処分します。

(これも結構手間と費用かかります)

交通事故も無く無事に終わってホッとしました。

御依頼ありがとうございました。

 



「はらでん」 はこんな仕事をしています : その他の記事