festa191116s

ドキドキイライラ、あのアトラクションが復活!

1995年テレビ朝日系列で放送されていた「ウッチャンナンチャン 炎のチャレンジャー」の中で

行われていた「電流イライラ棒」。

当社オリジナルで再現しました。

r1 DSC05443

当社のSくんがあっという間に作成してくれました。
私自身の構想は3カ月、それを彼に伝えてさらにブラッシュアップしSくんのアイディアも

加え(というか、Sくんのアイディアが素晴らしすぎてほぼそのまま)企画制作しました。

オレンジのランプはスタートから1分間点灯、赤いランプは失敗またはタイムオーバーで点灯、と同時にシルバーのベルが鳴ります。

もうドキドキイライラです!

下に写っている赤いボタンはスタート、終了のボタン。そしてその横にチラッと見えているのがこれらをコントロールする電子回路です。

そしてなんといってもスゴイのが、コースと設定時間が自由に簡単に変えられる事です。

年齢や身長に合わせてコース幅やタイムオーバーまでの時間が設定できます。

例えば大人は制限時間1分半、コース幅狭く、子供達には制限時間3分、コース幅広め、という具合に変更できます。

r1 DSC05445r1 DSC05444

やってみましたが、まさにドキドキイライラでした。何回もチャレンジしちゃいました。楽しい~!!

こんな楽しいアトラクションを加えた週末の「はらでん・フェスタ」に、ぜひお越しください。

 

 

 



はらでん・フェスタ : その他の記事