festa190921s

個人事務所にエアコン追加です。

市内の個人経営者の方の事務所でエアコン工事です。

 

元々は天井埋め込み型(通称・天カセ)のエアコンが2台(マルチ)

で取付られていたのですが壊れてしまっています。

大家さんも修理する気がないので4軒入居されている各事務所

の借主が自分でエアコンを取付して対応している状態だそうです。

 

事務スペースにはしばらく前に当社で家庭用の

壁掛けエアコンを取付けさせていただきました。

仕事柄、外に出歩くことが多い方だそうでそのまま済ませてきたですが

今年の暑さでやはり1台では足りないと追加されることになりました。

 今回は来客スペースに取付です。

 

ビフォー

 dsc08410
   

アフター

        kimg0339s

外はアフターのみ。

             kimg0345s2

     kimg0345s1

古いせいなのか仕様なのか、配線するために天井裏を覗くと

いきなり折板屋根が見えます。断熱材は何も見あたりません。

壁はALC(発砲コンクリート、軽石のような材質です)で作られていますから

壁材質そのものがある程度の断熱性能を確保しているのですが

天井からは焼けた鉄板から熱気がそのまま降りてきます。

 (工事したのは9月ごろでした)

当然電源がありませんから分電盤にブレーカを増設。

エアコン近くまで配線、天井面にコンセントを取付ました。

取付場所が限定されるので位置決めに時間かかりましたが

エアコン本体も無事に工事できました。

 

 鉄骨+ALCだと骨組の様子によっては壁貫通穴を開口できない

こともあるのですが今回は鉄骨どころかALCの補強筋にも

全く当たらず開口できたのでラッキーでした。

 

御依頼ありがとうございました。



「はらでん」 はこんな仕事をしています : その他の記事