45th_arigatou

古い照明器具でショート寸前!!

得意先の工場の社員食堂で照明器具の取替依頼です。

内部の安定器からして間違い無く昭和時代(40年代?)の器具ですね。

蛍光灯40W2灯用V型照明を最新のLEDライトバー1本へ取り換えます。

(もっと明るいバーもあるのですが、あえて同じ明るさをチョイスしました)

 

こちらの社長は大変物を大切にされる方なのですが

コストパフォーマンスもちゃんと考えてみえて変える時はスッパリと

最新型にされるのでいつも感服するところです。

 

さて、いつも通りにスイッチを切って検電してから作業に入りましたが

電球をはずしてカバーを開けると内部のリード線がブラリと垂れ下がってきます。

なんと!、安定器にハンダ付けされていた配線がはずれているのです。

 s_005s_006

 

(茶色いリード線と手で持っている青いリード線が2本とも

安定器から外れて遊んでました)

長年の使用でハンダが劣化してとれたのでしょうか。

外れた配線が短絡や漏電を起こせば火災になったかもしれません。

どこにも触れなかったのは大変運がよかったです。

しかし、こんなことは古い照明器具ならどこでも起こりうる状況です。

メーカー推奨の10年きっかりでなくてもいいですが「まだ点くから大丈夫」と

いわずに適時交換するようにしてください。

 

今回の工事そのものは無事に完了できました。

ビフォー

 s_001

 

アフター

s_008

 (右奥の照明と反対側の2台のみ取替です、他は従来の蛍光灯)

この食堂室だけでも同じ年式と思われる照明器具が

あと2台ありますので早めの交換をおすすめします。

御依頼ありがとうございました。

 



「はらでん」 はこんな仕事をしています : その他の記事