44th_arigatou

古都金沢で見つけたすごい物は?

北陸新幹線開通ですごく変わったと言う金沢へ、久しぶりに行ってきました。

お約束の新しい玄関口。もはや有名過ぎて説明は必要ありませんよね。

 

 

まずは中から一枚。

DSC06717

 

駅を出ると大きな屋根が。

この屋根は「もてなしドーム」と呼ばれ、雨や雪の多い金沢で、3,019枚ものガラスを使用し、

金沢の玄関口に、明るく、雨にもぬれない「駅を降りた人に傘を差し出す、もてなしの心」

を表現したドームなんだそうです。

 

そして外へ。

ココに来るほとんどの人がカメラを向けていました。

金沢駅

「鼓門」と言うんだそうです。

金沢の伝統芸能である「加賀宝生の鼓」をイメージした2脚の柱に、緩やかな曲面を描く屋根をかけた

もので、伝統と革新が共存する街、である金沢を象徴する堂々たる門でした。

 

 

駅前から路線バスに乗り「ひがし茶屋街」へ。

平日にもかかわらず、大変なにぎわいでした。

そこに20人ほどの行列が、、、。なんだろうな?

答えはコレでした。

金箔ソフト1

金沢名物の金箔をぜいたくに一枚被せたソフトクリームでした。

しかも価格は何と!!!!!891円。ソフトクリームが891円です。高いです。

しかしそれに途切れることなく、行列が出来ているんです。

当然並びました。(笑)

食べました。

金箔ソフト2 (間抜けな顔ですいません)

普通のソフトクリームが300円ほど、金箔一枚が250円ほど、足しても550円、欲出しても600円、

それを891円で販売し、しかも行列が途切れないほど売れる。すごい事です。

この会社は金箔の製造販売をしているからこそできる売り方です。

まさに自社の強みである金箔を一枚ぺラっと被せただけで、誰にも出来ない商品になり、

単体での利益は何倍にもなりますね。

高くても売れる商品でした。

そしてお味の方は、、、、、、いたって普通でした。(笑)

 

 

次に入ったお店には、マニアなら喜ぶ物がズラリと!

普通なら食器や飲み物などが並ぶカウンター越しの壁面にはこんなスゴイものが、、、。

そばや

ヨダレもんのオーディオ機器のまばゆい輝きが(笑)

マッキントッシュ(と言ってもパソコンではないですよ)アキュフェーズなどのブランドの

真空管アンプやJBLのスピーカーが!!!

一体いくらかかってんだろう?と気になって仕方がありません。

 

えっ?このお店は何かって?

お蕎麦屋さんでした。

 

金沢と言えば金箔、先ほどのソフトクリームのお店もそうでしたが、

こんな所もありました。

黄金の蔵

その名も「黄金の蔵」

まぶしすぎます。中だけでなく外観もキンキラキンでした。笑うしかありません。

 

途中、結婚式の一団が現れ、なぜかホッとしました。

この日も良い一日でした。



みんなでBlog(ブログ) : その他の記事